今年の締め

年内最後の(?)張弦作業が終わりました。今回は修理スケジュールがかなりタイトだったのですが、大きな事故もなく無事に終了しました。

thumbnail_dsc_0082thumbnail_dsc_0084

私が弦を張っている間に、新しいハンマーの交換も無事に終了していた様です。修理結果は後々残るものなので、精度、見た目も大切です。

thumbnail_dsc_0086

さて、おかげさまで本年度もいろいろな出来事がありとても充実した1年となりました。ピアノ技術者としてまだまだ勉強しなければならい事、お客様をより満足させられる事などこれからも精進したいと思います。来年どもVSPピアノ工房を宜しくお願い致します。皆様よいお年を!

来年度は1月5日より営業再開いたします。

ピアノフレームの塗装

今年もあとわずかになりましたが、年内の大仕事としてグランドピアノのオーバーホール作業です。今回は鉄骨の金粉再塗装も行いました。解体作業に少し手間取ってしまい、作業が日が暮れてからになってしまいましたが無事に完了しました。この後は新しい弦を張ります。内部の修理も同時進行で作業中です。

thumbnail_dsc_0061 thumbnail_dsc_0071 thumbnail_dsc_0072

お気に入りCD②

こんにちは。今回は最近またよく聴いてるお気に入りの演奏をご紹介します。

バッハの平均律クラビーア曲集第1巻

ピアノ キース・ジャレット

imgres

ジャズピアニストとして有名なキース・ジャレットですが、実はクラシックの演奏もとても素晴らしいのです。もちろんLIVEのときの様にエキサイトして演奏しながら声を出したりはしていません。曲の解釈もとてもスマートで、各声部の歌わせ方がとにかく素晴らしく音が綺麗です。特に4番cis-mollのプレリュードとフーガはロマン派の作品を演奏している様に表情豊で、しかしやりすぎはせず、個人的に一番好きな演奏です。ジャズの演奏の時とは違うキースのピアノ、お薦めです!

G2チッペン(猫脚)入荷しまた。

こんにちは、いよいよ明日から12月で今年も後わずかという雰囲気になってまいりました。体調を崩さないように今月も頑張りたいと思います。

thumbnail_dsc_0040thumbnail_dsc_0023thumbnail_dsc_0025

G2入荷しました。艶消し全塗装済、内部パーツはこれから交換します。倉庫から出たばかりのため、状態があまり良くありません。取り急ぎ、試弾のために鍵盤とダンパー調整をしてタッチをスムーズにする作業を行いました。艶出し黒塗装とは違う雰囲気の温かみのある外観です。音色は今後の調整と部品交換で変化しますが、柔らかさが特徴として出るピアノになるかと思います。

¥1.800.000(税別)

ショールームにその他多数グランドピアンを展示しておりますので、お気軽に試弾にいらして下さい。ご来店の際はコチラまで。

弦の張替作業

グランドピアノの張弦開始しました。今回はセミコンサートサイズのC7(全長が約220センチ)なので、弦が長くなってくる後半戦は気合と根性です。低音の巻線は海外製の物を使用します。まだ先ですが、どのような音に仕上がるか今から楽しみです。

thumbnail_dsc_0490thumbnail_dsc_0491

当社音楽教室にてレッスンでも使用する予定です。大型グランドの迫力ある音で曲を弾いてみませんか?お待ちしております。

アメリカの調律師協会

アメリカにピアノテクニシャンズギルト(PT G)という調律師協会があります。私も会員なのですが、日本の調律師協会とは特色が違うのがとても印象的です。常に新しいアイディアを模索していて、工具の加工や材料の研究にとても熱心だと感じます。とりわけ、調律の際にサイバーチューナーという電子チューナを用いる技術者が多いようです。(実技試験もサイバーチューナーで測定されました)とても精密に測定出来るようで、使いこなせれば興味深い実験が出来るのではないでしょうか。また、月に一度会報が送られて来るのですが、新しいアイディアの紹介やヒントなどが掲載されていてとても興味深いです。アメリカの技術者はとてもオープンで話好きな方が多く、とくに作業の時間短縮を重要視しているようです。まさに time is money精神ですね。

thumbnail_DSC_0475

しばらく読む時間がなくて結構溜まっていた会報。週末は読書の秋です。

ハンマーの整形修理

経年と使用により摩耗しきってしまったハンマーを整形して、音質を改善するファイリングという作業をおこないます。今回のハンマーはかなりの消耗具合のようです。

thumbnail_DSC_0464

羊毛で作られているハンマーの表面を削り、新しい層を作りなおすことによって音量や音色を改善することが出来ます。ピアノはこの部品で弦を叩くことによって発音する楽器なので、ハンマーの健康状態は演奏に大きく影響してしまいす。

thumbnail_DSC_0470thumbnail_DSC_0466

ご使用のピアノについてご質問などありましたら、お気軽にコチラまで。

 

技術研修でアメリカへ~

北米ピアノ調律師協会の研修へ1周間ほどヴァージニア、ノーフォークへ行ってきました。毎年夏に大きなコンベンションがあり今年も参加してきました。アメリカの技術者の人達は常に新しいアイディアを追求しているようで、話していてとても刺激になります。内容としては朝から夕方まで様々な講義があり、興味のあるクラスに参加するというものです。展示コーナーもあり、とても活気に満ちています。

image3image1

講習期間中は天候も良く、歩くにはとても気持ちが良かったです。授業で得たアイディアを活かし、これかまた頑張りたいと思います。

image2