椅子の加工

先日、椅子の高さを調整幅よりも低くしたいとの問合せを頂きました。標準的なもので床から上面まで45センチなのですが、38センチくらいまで低くしたいとのことでした。
結果、4本の足を同じ高さにカットするのですが、分解できないタイプの椅子だったため
電動工具は使えません。高さを固定して少しずつ刃物でカットする方法をとりました。

 

切断面の塗料が傷つかないように注意して切断します。最後に角を軽くペーパーをあてて
仕上げて完了です。高さの均等は断面にフェルトと貼ることで補える程度の精度がでていました。

 

 

演奏する時、椅子の高さはとても重要なポイントになります。
奏者の好みに合わせた高さを提供するのも調律師の大切な仕事の一つです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です