アップライトのハンマー交換

グランドに引き続き、アップライトのハンマーヘッドの交換です。ハンマーは環境や使用頻度によりパンクといって接着が剥がれてパックリ割れてしまうことが有ります。このピアノのハンマーは40年程経っていました。パンクした状態でも鍵盤を押して音は出ると思いますが、通常の音とは全く違うのですぐにお気づきになると思います。

CIMG2709

しばらく定期点検がお休みされていたピアノでお客様も一度ご処分を考えたそうですが、思い出のピアノという事で今回修理のご依頼を頂きました。楽器はしっかりと修理を施せば、持ち主の希望に応えて何度でも復活してくれます。

CIMG2721

オリジナルのハンマーから角度と穴の径を測定し、新しく交換するハンマーを加工します。実際にはドリルで穴を開けるまでの準備がとても重要です。治具の位置も何度も微調整して決めます。

CIMG2720

位置が決まったら後はひたすら穴を開けるだけ🎶

お問い合わせはいつでもコチラから

 

ハンマーウッドの加工

新たしいハンマーの後ろ側(ハンマーウッド)は加工前はこのような状態になっております。オリジナルのハンマーの形と同じように加工してから取付けます。ウッドの素材もとても重要で音色に影響してきます。今回はコティベを使用しました。比重も重すぎない木材なので、オリジナルのハンマーと大きな重量差はありませんでした。

CIMG2769

CIMG2768

このようにテーパー状に加工します。この形はとても大切で、後の調整作業に大きく影響します。

ハンマーヘッド交換 グランドピアノ

こんにちはS男です。港南区のお客様よりオーバーホール(全修理)のご依頼を頂きました。弦を含めた全ての部品を新しく交換します。私は経年と使用により磨耗してしまったハンマーの交換を担当しました。

CIMG2764

今回はアベル社のドイツ製のハンマーを新しく使います。ピアノの音色は一つの部品だけで決まるものではありませんが、この部品はとても重要な物です。

CIMG2765

楽器の修復はどの部品を使うかよって大きく変化します。消耗した部品は交換が必要ですが、ピアノのグレードアップのための部品交換という選択もあります。次回は新しいハンマーの取り付けと加工をご紹介できればと思います。

ご相談、ご質問ありましたらこちらまで