今年の締め

年内最後の(?)張弦作業が終わりました。今回は修理スケジュールがかなりタイトだったのですが、大きな事故もなく無事に終了しました。

thumbnail_dsc_0082thumbnail_dsc_0084

私が弦を張っている間に、新しいハンマーの交換も無事に終了していた様です。修理結果は後々残るものなので、精度、見た目も大切です。

thumbnail_dsc_0086

さて、おかげさまで本年度もいろいろな出来事がありとても充実した1年となりました。ピアノ技術者としてまだまだ勉強しなければならい事、お客様をより満足させられる事などこれからも精進したいと思います。来年どもVSPピアノ工房を宜しくお願い致します。皆様よいお年を!

来年度は1月5日より営業再開いたします。

ピアノフレームの塗装

今年もあとわずかになりましたが、年内の大仕事としてグランドピアノのオーバーホール作業です。今回は鉄骨の金粉再塗装も行いました。解体作業に少し手間取ってしまい、作業が日が暮れてからになってしまいましたが無事に完了しました。この後は新しい弦を張ります。内部の修理も同時進行で作業中です。

thumbnail_dsc_0061 thumbnail_dsc_0071 thumbnail_dsc_0072

お気に入りCD②

こんにちは。今回は最近またよく聴いてるお気に入りの演奏をご紹介します。

バッハの平均律クラビーア曲集第1巻

ピアノ キース・ジャレット

imgres

ジャズピアニストとして有名なキース・ジャレットですが、実はクラシックの演奏もとても素晴らしいのです。もちろんLIVEのときの様にエキサイトして演奏しながら声を出したりはしていません。曲の解釈もとてもスマートで、各声部の歌わせ方がとにかく素晴らしく音が綺麗です。特に4番cis-mollのプレリュードとフーガはロマン派の作品を演奏している様に表情豊で、しかしやりすぎはせず、個人的に一番好きな演奏です。ジャズの演奏の時とは違うキースのピアノ、お薦めです!