アドバンスコース開講!

ピアノが大好きな生徒さんたちの才能をもっともっと伸ばしてあげたい!
そんな講師たちの想いから、普段のレッスンに+αが可能なアドヴァンスクラスが作られました。

 

~平成28年度在校生の主な活躍~
●ピティナ・ピアノコンペティション C級 本選入選!
●日本クラシック音楽コンクール 小学校低学年の部 本選入選!
●横浜国際音楽コンクール本選 審査員奨励賞受賞!
●日本クラシック音楽コンクール 中学生の部 全国大会入選!
●ドリームピアノコンペティション 連弾部門 本選金賞!
●学年伴奏オーディション選抜!
●アールンピアノコンクール B2部門 全国大会進出中!
●ピティナ・ピアノステップ参加!etc.
♪その他にも多数の生徒さんが頑張ってくれています♪

 

オーディション・コンクール前の追い込みとして、必要な時に必要な分だけお申し込みいただけます。(曜日・時間等は各講師とのご相談となります)
留学経験有り・音大受験生現役合格・コンクール審査員・現役ピアニストなど、プロフェッショナルな
ピアノ講師陣があなたの夢を応援します!

 

 受講料金
在校生割引価格
一般受講価格
月2回/60分コース
10,800
19,440

 

JOY-S@第17回VSP音楽祭

今更ながら…、昨年の秋に開催されたコンサートの模様です。

ヴァイオリンが二人体制になったJOY-Sの演奏で、

サウンド・オブ・ミュージックでお馴染みの”My Favorite Things”です。

JOY-S
piano 中村浩之
violin 富山宏基
violin 桜井雅彦

 

満員御礼!

昨日のVSPコンサートは盛況のうちに無事終了致しました。
ご来場戴きまして誠にありがとうございました。
また、演奏者の方々はお疲れ様でした。

当日の演奏も少しずつ公開していきたいと思っておりますのでお楽しみに♪

次回は2017年9月17(日)となります。
皆様のお越しをお待ちしております。

第17回VSPコンサートのお知らせ

VSPコンサート 第17回のご案内です。
VSP172kai
クラシックもジャズもソロもアンサンブルもとプログラムは多彩です。一時に様々な演奏を個性的な演奏者で聴いて頂く企画です。

貴方の貴重な一日をコンサートに来て良かったと思える楽しい一日にしたいと思っております。

9月22日  14時開演 会場は (小田急線)相模大野グリーンホールです。ご来場お待ちしております。

前売り券:大人¥2,500 ⇒ ¥2,000  学生(小・中・高) ¥1,500 ⇒¥1,000

「VSPのコンサートで楽しい一日を」

5/8(日) イェルク・デームス@茅ヶ崎ベルソー

イェルク・デームス 〜ウィーン黄金時代の薫り高き伝統を継承する最後の大巨匠〜  Demus 改訂表
弊社が納品したベーゼンドルファーを使用しての演奏となります。
オーストリア・ウィーンの巨匠と銘器のマッチングをお楽しみ下さい。

ベーゼンドルファー
1828年創業のオーストリアのピアノ製造会社。スタインウェイ、ベヒシュタインと並ぶ世界三大ピアノメーカーの一つ。

Joerg Demus
1928年オーストリア生まれ。6歳のとき母の手ほどきでピアノを始め、11歳でウィーン音楽アカデミーに入学し、ピアノと指揮を学ぶ。在学中の14歳の時ウィーン楽友協会にてデビュー。高校に通う傍ら、ピアノをW.ケルシュバウマーに、オルガンをC.ワルターに、指揮をH.スワロフスキー、J.クリップス、作曲をJ.マルクスに師事。その後51〜53年までパリにてY.ナットに師事する。W.ギーゼキング、W.ケンプ、A.B.ミケランジェリ、I.フィッシャーの教えも受ける。
21歳の時、チューリッヒ、ロンドンにて、コンツェルトハウス・カルテット・ウィーンとの共演でデビューコンサートを行い、翌年の南アメリカツアーでは36回のコンサートを行う。53年パリ・サル・ガヴォーにてセンセーショナルなデビューを飾った。56年ブゾーニ国際コンクール(イタリア、ボルツァーノ)での優勝を機に、世界各地で演奏活動を開始する。ニューヨークでもデビューし、以来アメリカで毎年のツアー、61年以来、アジア、オーストラリア、日本でも定期的にツアーを行う。
2011年の震災直後も海外演奏家が放射能を恐れキャンセルが多発する中、率先して来日し全スケジュールをこなして音楽界に貢献した。楽壇デビュー70周年を迎える2013年は、3月のウィーン楽友協会での記念コンサートなど、ピアニストとして誉れ高い芸術活動を続けており、ウィーンの現地評でも最高の賛辞が呈されている。
Pro Arte Musicae 公式プロフィールより抜粋)

贈り物

3月9日は作曲家サミュエル・バーバーの誕生日です。

一般的には映画『プラトーン』で使用された”弦楽のためのアダージョ”で有名な人です。
私の実家にあった作曲家事典には「アメリカの保守的な作曲家」というような事があっさりと書いてあった気がします。

多作な人ではないですが、素敵なピアノ曲も残しております。特に”スーヴェニール”(組曲 思い出Op.28、直訳すると贈り物です。)の一曲目の冒頭は神秘和音のようにも聞こえます。

チェロレッスン記

昨日、久しぶりにレッスンを受ける事が出来ました、たいして練習も出来てませんが楽しみにしてました。

 

課題曲が、スタッカートだらけの曲だったので、運弓法に苦労しました💦

 

まだまだ練習不足を痛感してます。

次回まで練習がんばります。

桜の森の満開の下

そんなもの大層なものはありませんが、
ここ東林間でも咲き始めております。
だいぶ暖かくなりましたね。
103
本日はなげのあやかさんが遊び…ではなく、
3月13日(日)のコンサートに向けて、
神津さんのピアノとの合わせに来ておられました。
102
見ての通り、本気です…
101
記念撮影(・∀・)
4/10(日)にはVSPピアノ工房のショールームにてキッズコンサートを開催予定です!

春の無料体験レッスン

こんばんは!

バレンタインデーも終わり、

私のお家にもおひなさまが飾られました。

春が近づいてきましたね。

さて、この春「やってみたい」にチャレンジしてみませんか?

無料体験レッスン実施中です!

image

春のキャンペーン<2016年>実施中


ただいま、春のキャンペーン実施中です。

無料体験レッスンはもちろんのこと、
入会金は半額の¥5,000、

さらに、1ヶ月目のレッスン料も無料にて承ります。
(ただし、最低でも3ヶ月のレッスンを受けて戴く形となりますので、差し引き2ヶ月分の料金を先に頂戴致します。)

入会希望のお問い合わせをお待ちしております!


ワタシは家の中に入りたいニャス(´・ω・`)

体験レッスン@上大岡教室

4月から4歳の息子がピアノを習います。
先日、息子を指導して頂く樫村先生の体験レッスンを見学しました。

見学してる時に受けらてた方は、6歳の女の子で、すでに2年ほど別の先生に習っていました。

先生は、手や形や指使い、姿勢など、今まで弾いていて変な癖が付いてしまった所など熱心に指導し、また身体を動かしてリトミックなどもしてました。

実際、4歳の息子が集中してレッスン受けられるか分かりませんが、
先生は、ピアノを弾く楽しさ、音楽の楽しさなど、きちんと教えて下さる熱心さ、私も勉強になりました。

4月の初レッスンが楽しみです。

マルベリーピアノコンサート in 八王子

ピティナ(PTNA)八王子支部によるコンサートです。
受賞者部門に当学院の生徒が出演致します!
日々の努力の賜物ですね♪
さながら、フィギュアスケートにおけるエキシビションです。
昨年は私も会場にて堪能致しました。
入賞者によるのびのびとした演奏が楽しめます。

これから入賞を目指す子達には参考にも刺激にもなることでしょう。

2/21(日)
オリンパスホール八王子
入場料:¥1,000
主催:ピティナ八王子支部

安彦佳津美 ミュージカルのお知らせ 3/4(金)〜3/6(日)

Musical PUB〜映画になったミュージカル〜

バカと笑いは世界を変える!!
ミュージカルのお知らせです。

作品紹介

時は2116年。長年、様々なミュージックシーンで活躍する歌い手が、華やかなショーを披露し続けるパブ「ミュージカルPUB」。お客を愛して止まないオーナーから、ある日店の常連達のもとにパーティの招待状が届いた。
「お葬式なんてしなくていい、お焼香なんてしんみりした事しなくていいから、歌を…お焼香の代わりに歌ってちょうだい」
まさか、あのオーナーが!?そして何なんだこの奇妙な招待状は!!
困惑しながらも様々な想いを胸に式に参列するこの店の常連達。PUBにはオーナーの遺影と棺桶。一体、オーナーはどんなパーティを開く気なのか!?
ミュージカル女優、野田久美子が「作・演出」を手掛ける処女作品!!
幕は破れるのか!?
一体、どんなパーティになってしまうのか!?

ミュージカルパブとは

ミュージカルパブ(M!PUB)とは、3ヶ月に1度オープンする、お客様とミュージカル作品の出会いの場。
「ミュージカルを観てみたいけど、何から観たらいいのか…」
そんな時はぜひM!PUBへ。
いろんな作品から少しずつ、作品解説と一緒に、ショーケース形式でご紹介します。ちょっとした豆知識で、ミュージカルの面白さはぐっと広がります。ビール片手におとなりさんと、互いの好き嫌いを語りながら、お気に入りの作品を見つけてください。コンサートでは毎回、「続きが気になる作品」をお客様に選んでいただきます。

出演

初日応援ゲストとして、高橋あい(モーニング娘。)

キャスト(チームGIN):
安彦佳津美、ほか

キャスト(チームVODKA):
般若愛美、ほか

ダンサー:
榎本成志、ほか

スタッフ

脚本・演出:野田久美子
振り付け:setucky☆
音楽監督:伊藤祥子

演奏

バイオリン:帆足彩
ピアノ:伊藤祥子
ベース:三重野徹朗
ドラム:山崎悠平

場所

ラゾーナ川崎プラザソル
川崎駅から徒歩10分

公演日

3/4(金)

16:00スタート(チームGIN) ☆安彦佳津美 出演☆
19:30スタート(チームVODKA)

3/5(土)

13:00スタート(チームGIN) ☆安彦佳津美 出演☆
16:30スタート(チームVODKA)
19:00スタート(チームGIN) ☆安彦佳津美 出演☆

3/6(日)

12:00スタート(チームVODKA)
15:00スタート(チームGIN) ☆安彦佳津美 出演☆
18:30スタート(チームVODKA)



チケット

シングル券 4500円
セット券 7000円(チームGINを1回、チームVODKAを1回ご覧いただけます)

お問合せ・ご予約

VSP音楽院にお電話(042-701-0210)またはフォームからご連絡ください。

チェロレッスン日記

昨日、約1ヶ月ぶりにVCレッスンを受けました。

時間有る時は個人練習はしてましたが久々のレッスンだったので、変な力が入ってしまい苦戦しました。

課題曲が、E線とG線を行ったり来たりする曲で、弓の返しと音程が定まらずに仕上げる事ができなかったです。

まだまだ練習不足を痛感しました。

次回のレッスンまで頑張ります。

 

simile ≠ smile

simile(シミーレ、シミレ?、シーミレ?)は「前の小節と同様に」という意味の記号です。
前の小節のアクセントやテヌートやペダルの記号をそのまま引き継いで演奏する、と言った感じです。

英語にもsimilar「同様の、同類の」という形容詞が存在するので、
それが頭に有れば読み違えることはないでしょう。

ただ視覚的にはsmileに見えてしまっても不思議ではないとも思えます。

楽しんで演奏するは素晴らしいですが、
この楽譜記号を見た途端に笑みを浮かべながら演奏しないよう、
お気を付け下さい。

バレンタインライブ - 2月7日(日)

明日のイベントです。

なげのあやかさんと神津かおり講師のデュオ。

観覧無料です。是非足をお運び下さい。

2月7日(日)
大崎ニューシティ バレンタインライブ
【1】14:00~ 【2】16:00~*観覧無料
うた:なげのあやか
ピアノ:神津かおり