ピアノ

年43回レッスン(発表会含む)

子供コース

30分
45分
60分
入 門
9,180
初 級
10,260
12,420
中 級
11,880
15,120
18,360
上 級
17,280
20,520
マスタークラス
22,680~

大人コース

30分
45分
60分
入 門
9,720
初 級
10,800
14,040
中 級
12,960
16,200
19,440
上 級
18,360
21,600~
マスタークラス
24,840~

講師紹介

黒木 梨沙

(クラシックピアノ)

kuroki-p

1996年、桐朋女子高等学校音楽科卒業。同年渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院ピアノ科「高等演奏家資格」及び室内楽科「コンサーティスト資格」を取得後、パリ国立地方音楽院、ブローニュ音楽院、ネーデルメイヤー音楽院にて、ピアノ・ソルフェージュ・鍵盤ハーモニー等の高等ディプロムを審査員満場一致で取得。これまでにピアノを金澤希伊子、横山悦子、G・ムニエ、P・レアック、P・ネミロフスキーに、室内楽をM・スティリツ、N・パタルチェツ、C・クレンヌの各氏に師事。ユーファム国際コンクール、シュシー・アン・ブリコンクール(フランス)等、国内外のコンクールにて入賞。1999年よりパリを中心に伴奏・室内楽ピアニストとしての活動を始め、2006年秋、10年のフランス生活を終え帰国。現在、後進の指導や演奏活動を中心に、<パリ音楽家クリニック>の運動療法士と協力し『演奏家の障害の医療と予防』についての活動も展開している。


神津 かおり

(クラシックピアノ)

kouzu-p

国立音楽大学付属中学校,国立音楽大学付属音楽高等学校・音楽科を経て、東京音楽大学・ピアノ演奏家コースにて特待奨学生として学ぶ。在籍中、学内選抜演奏会・特別招聘演奏家公開レッスンに多数出演。大学卒業時に学校推薦を受け、日本ピアノ調律師協会 第9回 新人演奏会(東京文化会館)、東京音楽大学 卒業演奏会(トッパンホール)、レインボウ21 デビューコンサート(サントリーホール)に出演。ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会においてC級奨励賞(1996)デュオ部門上級第1位、併せて全日空賞(2001) G級金賞、併せて東京都知事賞、讀賣新聞社賞、ヒノキ賞、王子賞(2003)受賞。ザイラー国際コンクール・イン・ジャパン シニア部門 奨励賞受賞(2004)。ショパン国際ピアノコンクールin ASIA 大学生部門・コンチェルトB部門共に最高位受賞(2005)。

ポーランド国立クラクフ管弦楽団(1999)・フォーメイフォーオーケストラ(2004)・スターフィルハーモニーオーケストラ(2005)と共演。これまでに、ダン・タイ・ソン、マッティ・ラエカリオ、ディーナ・ヨッフェ、ヴラディーミル・フェルツマン、ベルント・ゲツケ、ミッシェル・ベロフ、ボリス・ペトルシャンスキー、ヴラディーミル・クライネフの各氏によるマスタ-クラス・公開レッスンを受講。現在は演奏活動を行うほか、後進の指導にも取り組んでいる。2016年日本クラシック音楽コンクール審査員。

■神津かおり先生のピアノ演奏■
視聴⇒(ハイドン/コンチェルト ハ長調 第1楽章/演奏:神津 かおり )
視聴⇒ショパン/序奏とロンド 変ホ長調/演奏:神津 かおり


前田 泰之

(クラシックピアノ、ジャズピアノ)

maeda_jp

3歳よりピアノを始める。5歳より桐朋学園大学付属子供の為の音楽教室にて学ぶ。桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。大学在学中に学校の推薦を得て「調布くすのきホール」でに演奏会出演。また同校卒業演奏会、及び日本ピアノ調律師協会主催「第10回新人演奏会」出演。伴奏・室内楽にも積極的に取り組むこれまでに梅津よし子、大司 敬子、加藤 伸佳、小森谷 泉、若林 顕の各氏に師事。卒業後、ジャズを学びクラシックで培った響きを大切にしつつ新たに研鑽を積む。都内ライブハウスなどで活動中。


小島 美穂子

(クラシックピアノ)

kojima-p

5歳よりピアノを始める。昭和音楽大学付属芸術学院にて音大受験準備を開始し、洗足学園短期大学音楽科に入学し終了後、同学園ピアノ専攻科へ編入、卒業。相模大野グリーンホール、鎌倉芸術館、横浜ヤハマサロン、大倉山記念館、南市民ホール等のコンサートに出演。ピアノソロを始め、伴奏、デュオ、アンサンブル、古楽器と洋楽器の共演を果たし、詩や物語の朗読に対する音楽の在り方を研究、伴奏を勤める。

これまでにピアノだけでなく、他楽器のピアノとは違う響き、演奏方法などを知るため、様々楽器に触れ勉強を重ねる。 また、音楽療法の勉強に力を入れ、精神面と音楽との密接な結びつきを研究している。2000年、PIARA日本ピアノグレード認定協会「クラシックピアノ・ジュニア部門」審査員資格を取得。2001年、RMSテクニトーン指導資格R5を取得。これまでに、足立純子、工藤博行、川染雅嗣、菊池有紀子、益田雅子、市川倫子、小川剛一郎、二橋潤一、鈴木寛子の各氏に師事。


樫村 理沙

(クラシックピアノ)

kashimura-p

東京都出身。洗足学園音楽大学音楽学部卒業。同大学院修了。JPTA日本ピアノ教育連盟第24回ピアノ・オーデション奨励賞受賞。YAMAHA音楽大学フェスティバルコンサートVol.3、レインボウ21サントリーホールデビューコンサート2013等に出演。ピアノコース・ウィーン研修にてマーティン・ヒューズ氏のレッスンを受講、演奏会出演。これまでに室内楽を北島公彦、安永徹、市野あゆみの各氏に、ピアノを小林裕子氏に師事。