サックス、トランペット、トロンボーン

月3回レッスン(年37回 発表会含む)
45分
60分
入門(小学生)
9,720
11,880
入門・初級(中学生)
10,800
14,040
中 級(高校生以上)
12,960
16,200
上 級 16,200
19,440~
マスタークラス
21,600~

講師紹介

福本 陽子

(ジャズサックス)

fukumoto-sax

1982年生まれ。幼少の頃からエレクトーンを習い、中学でフルート、高校でサックスを始める。高校卒業後、洗足学園大学ジャズコースへ入学。中村誠一氏、佐藤達哉氏、多田誠司氏、元岡一英氏に師事。2年次終了後、Berklee college of musicへ編入。サックスをShannon LeCleire氏に、アンサンブルをDave Santoro氏に、作曲をTed Peace氏に師事。

2006年帰国後、秋吉敏子、中村誠一、DavePike、元岡一英、Wessell’Warmdaddy’ Anderson、Derrick Gardner、大友義雄等と共演。また2007年横浜ジャズプロムナード・ジャズコンペティションでは自己のカルテットでグランプリを受賞。現在都内、横浜などを中心に活動中。

完戸 吉由希(ししど よしゆき)

(サックス)

shishido_sax

南相馬市原町区出身。
昭和音楽大学を特別賞で卒業。同大学院修了後渡仏し研鑽。ヴェルサイユ音楽院を一等賞で卒業。エピナル国際コンクール サクソフォン最高部門1位受賞。サクソフォンを古溝徹、田中靖人、ヴァンソン・ダヴィッドの各氏に師事。大学在学中、内外で多くのコンサート・新人演奏会出演、ソリストとしては、文化庁新進演奏家育成プロジェクトにて仙台フィルハーモニー管弦楽団、昭和音楽大学コンチェルト定期演奏会にて同大学オーケストラと協演。

留学中、フランス各地の演奏会に出演のほか、自身も東日本大震災民であることを軸とし、2011年5月、チャリティーコンサートを主宰。義援金を送金しフランスTVに出演。同年夏帰国。

現在、関東を拠点としソロ・室内楽を中心にFM出演・TV収録参加など幅広く活動を展開中。また、在京ウィンドオーケストラ、国内主要オーケストラに客演演奏している。’12年福島と東京にてリサイタルを開催。中高生の吹奏楽指導など後進の指導にも力を注ぐ。

新井 一徳

(サックス)

maeda_jp

東京都生まれ。大学入学と共にサックスを始め在学中に岡淳氏に師事し、東京・神奈川などのライブハウスで演奏をスタート。大学卒業後に村岡建氏に師事。
ジャズ及び自由即興音楽をメインにファンク・レゲエ・ソウル・クラブミュージックなどその演奏活動は多岐にわたる。
大学卒業後はライブ活動を中心に、メジャー・インディーズ問わず様々なジャンルの共演者とのスタジオレコーディングや地方公演に参加。現在都内ライブハウス・クラブなどで活動中。

村上 信吾

(トランペット)

murakami神奈川県出身。国立音楽大学卒業。これまでにトランペットを熊谷仁士、大隅雅人の各氏に師事。コンラディン・グロート、ライナー・アウワバッハ、クリスティアン・ステーンストロプの各氏のマスタークラスを受講。
第9回ルーマニア国際音楽コンクール管楽器部門第3位。第10回ルーマニア国際音楽コンクールアンサンブル部門(金管五重奏)第2位。
現在はフリーのトランペット奏者として、オーケストラや吹奏楽のエキストラ、室内楽、ブライダル演奏、吹奏楽指導、スタジオレコーディングなどで活躍中。
「ベルカント室内管弦楽団」、「Brass ensemble Resona」、「金管五重奏団”Doo!!”」、「Rappars」各メンバー。「みやひろ・ウインドアンサンブル」副指揮者。「神奈川県立小田原高等学校」部活動インストラクター。「Nice International」音楽教室講師。「横浜市民広間演奏会」会員。

玉井 俊明

(トロンボーン)

tamai_trom

秋田県立花輪高等学校入学、同校卒業。武蔵野音楽大学器楽学科トロンボーン科入学、同大学卒業。札幌交響楽団入団、その後ドイツ・オランダ留学を経て 、東京シティフィルハーモニック管弦楽団入団。29年間努め同団退団(定年退職)。定年退職後はトロンボーン・吹奏楽等の指導にあたる。 その他トールペイントを施したリードケース作成も行っている。